×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

柴田バント職人とんちゃんのお宝動画一覧

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.クレール
2.ギャラリーフェイク
3.Primus
4.MEE
5.幻想水滸伝III
6.ロフト
7.浅田真央
8.ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア
9.ウタダ
10.宮本輝

「モナリザ」の微笑み (PHP新書) 美術解剖学という観点からモナリザの微笑みを分析し、
ダビンチの微笑みの系譜、そこから近代美術が受け継いだものと話が展開し、
最期は古代美術史の中の微笑みの話題まで広がります。

私は美術美術史の素養がないため、
著者のやや大雑把な議論がどの程度斬新なものか分かりませんが、
自分の目で美術を鑑賞するということの意義を考えさせられました。

著者に興味をもたれた方は、
「絵筆のいらない絵画教室」も読んでみて下さい。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]  聖書、ダ・ヴィンチ、暗号、テンプル騎士団、シオン修道会、コードetc. 一度見ただけでは、とうてい理解できない物語です。幸い僕は中学校の時、クリスチャンの学校に行き、教会に通い、聖書を読んでいたせいで、この種の物語は興味をそそられます。
 聖杯伝説をテーマにした映画は数多く作られてきましたが、歴史と暗号をキーにミステリアスな謎に迫るストーリーとしては面白いですね。ルーブル美術館での殺人事件から始まり、ダ・ヴィンチの暗号から聖杯の正体を求めていくのですが、これまでの映画とは違う点は、杯はグラスではなく、女性の体としのキリストの妻に求めたことに意外性がありました。特に、その血脈が続いていることを知りながら、その真実を時の権力者や教会が葬り去り、真実を歪曲して「神」を作り上げていったという論理は、現在の宗教界にとっては権威を失墜させかねないものですね。「人が神」になっていくことの非道理と、「神を絶対神」として権力を維持しようとした者たちのねつ造の歴史を垣間見ることができます。映像では、現在の中に過去をクロスさせながら描いている点が、説得力となっています。
この映画は、封切られると同時に世界的に宗教界から批判されたものですが、物的に証明することが困難になりつつある真実に対する人類の好奇心が生み出した物語のような気がします。

いさましいちびの許婚 ストーリーはほのぼの系ラブコメの王道で良くできてます。
メインヒロインがツンデレ風味なのでサブがデレデレ幼馴染(ほとんどが幼馴染設定ですが)かき回しの巨乳キャラなど最低の構成は抑えてます。
ただHシーンはメインヒロインが6割から7割で残りを他のキャラで分け合っている感じです。
Hシーンはキャラ攻略のご褒美的にラストに固まっているので(微エロシーも途中でなし)Hシーンを散りばめられたストーリーがお好みの方はお勧めはしません。逆にストーリーを満喫された後にHを堪能されたいかたはお勧めです。
ストーリーそのものは面白いですが短いです。

タイトルにもあるメインヒロインのちび設定ですが立絵がほとんどなので対比の問題で視覚的にはあまり生かせてないような・・・。

キャラデザと原画の奏 亜希子先生(漫画家)ですがもともと派手な構図をとる先生でもないしゲームのイラストレータでもないし・・・。ちょっと地味な仕上がりに・・・。先生らいさが出えてるシーンと出てないシーンの落差が激しいです。個人的にファンなだけにちょっと落胆。

2000円から3000円前後なら買いだとは思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!